浮気調査を専門の探偵に依頼した時の、調査期間とは?

探偵に浮気調査を依頼しようと検討しているときに、調査結果がわかるまでにどれだけの時間を要するのか見当が付かないという方もいるのではないでしょうか。

浮気調査の調査期間は、1週間〜1ヶ月ほどの時間を必要としますが、調査によっては1日で結果が出たり、結果が出るまでに数ヶ月時間を必要とするケースもあります。

浮気調査に1週間〜1ヶ月の時間が必要になる理由と、1日で結果が出る浮気調査とはどのような調査なのか解説したいと思います。

浮気調査に1週間〜1ヶ月の時間が必要な理由

探偵に浮気調査を依頼して、調査の結果が出るまでにかかる時間として、1週間〜1ヶ月の調査期間がひとつの目安だと思ってください。

この調査期間は浮気調査を専門に行っている探偵事務所と、一般的な探偵事務所で若干の違いがあることもありますが、およそ1週間〜1ヶ月の調査期間を設けて調査を行います。

では、浮気調査に1週間〜1ヶ月の調査期間が必要な理由について解説したいと思います。


調査スケジュールの調整


探偵事務所では、複数の浮気調査が同時進行することも珍しくありません。そのため、他の浮気調査がバッティングしないように、調査スケジュールは綿密に計画されます。

この調査スケジュールの都合で調査期間が1週間以上必要になるケースもあります。

例えば、依頼者様が次の週末から調査を行って欲しいと言っても、その週末に他の調査の予定が入っていると、週末に調査を行うことが出来ないため、他の日に調査の予定を入れます。

また、探偵事務所のなかには他の調査で調査員が活動していたり、十分な調査員を確保することができなくて、調査スケジュールを立てるのに苦労する事務所もあります。

こうした人手が足りない、別の調査でスケジュールが埋まっているという場合、調査期間が長くなり、調査を開始するまでに1週間以上の時間が必要になることもあります。

浮気調査を専門に行っている探偵事務所では、他の調査に調査員を使わなくていいため、浮気調査に必要な調査員を確保しやすいといったメリットもあり、調査期間が若干短縮されるケースもあります。


複数の浮気の証拠を取得する

浮気調査では浮気の証拠を手に入れることが目的ですが、この浮気の証拠はひとつではなく、複数の浮気の証拠を手に入れるまで浮気調査を行うのが一般的です。

浮気の証拠はひとつで十分と思った依頼者様もいらっしゃるかもしれませんが、浮気の証拠がひとつだと浮気をした人や浮気相手に言い逃れされてしまう危険があります。

例えば、浮気をした人と浮気相手がラブホテルに入った瞬間を押さえた写真をひとつ撮ることができたとして、その証拠を元に浮気を追及しても、「気分が悪くなったから休むために入っただけ」と言い逃れされてしまう可能性があります。

しかし、別の日にラブホテルへ入った写真が複数あれば、「気分が悪くなった」などの言い逃れを何度も使うのは難しくなり、複数の浮気の証拠で言い逃れを防ぐことができます。

複数の浮気の証拠を手に入れるために、ある程度の時間が必要になり、複数の浮気の証拠を手に入れるまでに1週間〜1ヶ月ほどの時間を必要とします。


参考ページ


1日で結果が出る浮気調査とは

浮気調査の調査期間は1週間〜1ヶ月の時間が必要ですが、浮気調査のなかには、稀に1日で結果が出る浮気調査もあります。

1日で結果が出る浮気調査とは、どのような浮気調査なのか、1日で結果の出る浮気調査には条件があります。

浮気する日がわかっている


浮気をしている人が次に浮気相手と会う日がわかっている浮気調査では、すぐに調査の結果が出ることもあります。

事前に浮気している人が浮気相手と会う日がわかっていれば、浮気の証拠が手に入る可能性は非常に高くなります。


しかし、多くの浮気調査の場合、パートナーが次に浮気相手と会う日がいつなのかわからないケースが多く、浮気調査を依頼される方も「多分、浮気していると思う」や「浮気しているかもしれない」といった曖昧な情報から浮気調査を始めるケースの方が圧倒的に多くなっています。


事前情報がしっかりしている


探偵に浮気調査を依頼する前に、依頼者様がパートナーの浮気に関する情報をある程度準備出来ている場合、1日で結果が出る場合があります。


■浮気調査を依頼する前に準備する情報とは

  • パートナーの1ヶ月のスケジュール
  • パートナーと浮気相手が会う日の正確な予想
  • 浮気相手とのメールやチャットのやり取りの内容
  • パートナーの行き先を調べたGPS情報
など

浮気の疑いがあるパートナーの行動をよく観察して、浮気につながる様々な情報を自分でまとめ、これらの調べた情報を元に浮気調査を行うことができれば、浮気調査を1日行っただけで浮気の証拠を手に入る可能性はあります。


調査期間が長くなる浮気調査とは

浮気調査に必要な調査期間は、一般的に1週間〜1ヶ月ですが、浮気調査の条件や準備次第では1日(1回の浮気調査)で浮気の証拠が手に入る可能性もあります。

一方で、1ヶ月以上1年以上の長期に渡って浮気調査を行うケースもあります。


浮気調査の調査期間が長期になってしまう理由は、事前の情報が不足している場合やパートナーがあまり浮気相手と会わない、警戒心が強い人を調査した場合などに浮気調査が長期化するケースがあります。

浮気している人が頻繁に浮気をする人で、浮気相手と毎日会うような迂闊な人なら、浮気の証拠を手に入れるチャンスはありますが、警戒心の強い人を調査しようとすると浮気調査の難易度も高くなります。


浮気調査の調査期間は、依頼者様それぞれの事情によって浮気調査に必要な時間は違います。1週間〜1ヶ月という調査期間も、あくまで目安と考えて、より正確な調査期間を知りたい場合は、探偵に直接相談をして調査に必要な時間を問い合わせてみてください。


▲ページ先頭へ